安佐北区で進行中の、古民家再生の現場を見学させていただく機会をいただきました。

屋根裏ののぼり梁

「ばさら継ぎ」という柱の継ぎ手

築100年の古民家再生。

増築や間取り変更などをされていた住まいを、できるだけ元の姿に戻し、これからまた100年持つように改修したい、というお施主様の想いからスタートした工事だそうです。

施工を担当されているのは、キブネ建設さん。

広島の古民家再生協会広島支部もまとめていらっしゃるそう。

できるだけ釘を使わずに施工していくため、様々な種類の継ぎ手や仕口が使われています。

素晴らしい技術を見せていただきました!

============
建築工社
気持ちよく暮らせる和モダンな住まいを
広島市佐伯区八幡東4-6-1
月〜土 9:00〜17:00
日・祝 休み
TEL 082-928-8010
URL kentikukosya.co.jp

SNS
facebook
instagram