• 目指す家づくり
  • 施工事例
  • お客様の声

一覧へ戻る

目指す家づくり

沖田邸

1.我が家についての夢や期待することはどんなことでしたか?

それまで住んでいた家は鉄骨系メーカーの建売り住宅だったので、50代になって建てる家は「木の家」がいいねと話していました。それが一番の希望だったと思います。廊下は広めがいい、階段はゆったりと、間取りはこんな感じで、とある程度はイメージがありましたが、細かい部分はおまかせしていました。

2.建築工社にお願いした理由を教えてください。

たまたまご近所の住まいを手掛けた建築工社さんの新築見学会に行ったのが出会いのきっかけでした。社長さん自ら説明されていましたが、営業されている感じが全くなくて、坪いくらですか?なんていう質問にも正直に答えてくださる。本当に気さくで実直なお人柄なんだなぁ、と印象に残っていました。

家を建てることが具体的になり、木造住宅メーカーの展示場をかなり回ったものの、ピンとくるところがなかなかなかったんです。そこで、建築工社さんを思い出して相談をしました。良い意味で言いたいことをはっきり言ってくれる(笑)まっすぐな感じに好感を持ち、「もうここしかないね。」とお願いすることに決めました。

3.気に入っている部分はどこですか?

玄関へのアプローチです。門からストレートではなく、少し曲がって入ってくるアプローチは社長さんの提案ですが、この少し余裕のある空間の作り方が好きです。
キッチンカウンターの上の間仕切りも気に入っています。ガラス扉が入っているので、来客の時や揚げ物をするときには閉じることができ、匂いも広がらずとても便利です。また、階段下の収納庫はとっても使いやすい。いろんな方向から開けることができ、助かっています。

4.建築工社の提案で気に入ったことを教えてください。

我が家の階段は、玄関を入ってそのまままっすぐ上り下りするようになっています。設計段階で、私は反対側から上り下りできるほうが便利なのではと思っていました。夜勤もある仕事だったので、昼間にパジャマで2階の寝室から下りてきたくても、来客中だったりしたら困ると思ったのです。しかし、社長さんはそれでは玄関が開放的な雰囲気にならないからと変更しません(笑)。全体のコンセプトやイメージに合わないと採用しないんだな、とその姿勢に驚いたものです。結局20年くらい住んでいて、心配していたような事態は一度もなく、広々とした玄関ホールの開放感に、提案の正しさを実感しています(笑)。

5.建築中に何か関わったことはありますか?

でき上がるのが楽しみで、1日おきに現場に見に行っていました。私があれこれ職人さんに話しかけるので、しまいにはちょっと遠慮してくださいって言われるくらいでした(笑)。

ダイニングテーブルも一緒にショールームに見に行きましたね。あれやこれやアドバイスをもらって、決めていくのがとても楽しかったです。

6.住んでみて感想を教えてください。

長年住んでいると、何かが壊れたり、修理の必要があったり、と家のメンテナンスに色々と心配事がでてきます。うちはそういう時、すぐに建築工社さんに電話します(笑)。その度にすぐに見に来てくれて、適切なアドバイスをくれる、まさにホームドクターのような存在です。冗談で「長生きしてね。」なんて言っているんです。

先日カーテンを変えたのですが、その時も一緒に生地を選びに行ってもらいました。そんなよいお付き合いができるところへお願いして本当に良かったです。家を建ててから満足な人生でしたよ。

7.住まいの購入を検討中の方へひとこと。

とにかく一生懸命取り組んでくださるところがおすすめできるポイントです。家を通じて長く親しいお付き合いができ、安心感があります。家はできあがってからもずっと続くものだから、きちんと最後まで見てくれるというのはとてもありがたいなぁと思います。