五日市「くらもと」でお弁当ランチ

建築工社のお昼ご飯は、みんなそろって話しながら食事するスタイル。

ふだんは、それぞれで仕事をしているので、大切なコミュニケーションタイムです♪

このあいだのお昼ご飯はこちら!

五日市にある「くらもと」さんのお弁当です。

手作りのおかずがちょこっとずつ入っていて、優しいお味。

買いに行った時に、ご飯を詰めてくださるので、

ほかほかあったかいお弁当を食べられるのも魅力。

しかも、良心的な価格。

建築工社スタッフのお気に入りのお店です(^^)

お店の前に、ショーケースが並んでいて、この中にいろんなおかずがいっぱい!

私は、おかずだけのセットを買うこともあります。

ご飯だけ自宅から持ってきて(^^)

たっぷり唐揚げも魅力的ですね〜。

ほかのお惣菜も美味しそうで、思わず晩御飯のおかずに買いそうになりました。

 

手作り惣菜弁当の店「くらもと」

広島県広島市佐伯区八幡東2-15-3

11:00〜 日・祝休み

082-928-6716

 

 

数寄屋大工の道具と技〜建築工社木材加工場での一コマ

建築工社の事務所の隣には、木材加工場があります。

木材加工場で仮組みをしている様子。

 

丸い木と丸い木を組み合わせる時は、こうやって事前に加工して現場に持っていきます。

木材加工場には、

・茶室や数寄屋を作る時、仮組みする場所

・仕入れた木材をストックしておく場所

としての2つの役割があって、と〜っても広い!

この写真は、大工さんが仮組み作業をしているところ。

今、進行している現場では、数寄屋の意匠を取り入れているところがあるので、その部分の仮組みです。

※仮組みとは

工事現場で柱や梁を組み立てる前に、原寸大の同じ材料をいったん試しに組んで、細かい調整をすること。

仮組みした材料をふたたびばらして、現場に運び、元どおりに組み立てます。

 

その時見せてもらったのが、このものすごい量の道具。

のみだけでも、100本以上あるそうです!びっくり。

様々な道具を使いこなして、細かな加工をしていくんですね〜。

その中で一際目立ったのが、コレ。

謎の道具。

幅の広い2枚の木片の中に、細い竹ひごのようなものがたくさん挟まっています。

こうやって、角の丸い材料の断面をうつすために使う道具だそうです!

丸い材と丸い材を組み合わせるには、手で刻んで行くしかないですものね。

この道具は、なんと大工さんの手作りだそう。

匠の技ですね。

数寄屋建築自体が少なくなっているので、仮組みして仕上げるような現場は減ってきています。

だから数寄屋ができる大工さんも年々少なくなっていて、、、

大切な日本の文化、できるだけ継承していきたいものです。

 

 

============
建築工社
気持ちよく暮らせる和モダンな住まいを
広島市佐伯区八幡東4-6-1
月〜土 9:00〜17:00
日・祝 休み
TEL 082-928-8010
URL kentikukosya.co.jp

SNS
facebook
instagram

住宅研究会の勉強会に参加しました〜横内敏人先生のパースの描き方講座

先日、スタッフみんなで勉強会に参加してきました。

住宅研究会主催、建築家 横内敏人先生の「内観パースの描き方講座」です。

パースとは、建物の外観やインテリアを立体的な絵にしたもの。
建物の完成した姿をイメージしやすくなります。
図面よりも「わかりやすい!」と言っていただけるので、建築工社のご提案でもよく使うようになりました。


こんな感じのものをお見せしています。

今回は、横内先生が考案されたパースの描き方を教えていただきました。
先生は「簡単な方法を編み出したんです!」とおっしゃいますが、実際にやってみるとなかなか(笑)
私は建築を学んでいた学生時代以来、久しぶり(20年ぶり?)に描きましたが、思い通りにはいきません、、、むむむっ!
結局、いつも手描きで図面をかいている社長のパースが一番素晴らしい出来上がり。
スタッフみんなで練習して、もっと素晴らしいパースをみなさんにお届けできるようになります!

ほかにも、直近の素敵な事例や、事務所の運営についてのお考えなど、貴重なお話をたくさん伺うことができ、スタッフのモチベーションもアップ!
スタッフみんなで参加できたので、その経験を共有することもでき、とても貴重な機会でした。

 

============
建築工社
気持ちよく暮らせる和モダンな住まいを
広島市佐伯区八幡東4-6-1
月〜土 9:00〜17:00
日・祝 休み
TEL 082-928-8010
URL kentikukosya.co.jp

SNS
facebook
instagram

住まいの資金計画のお話

弊社でお手伝いをするお客様に多いのは、小さなお子さんを育てていらっしゃる30代のご夫婦です。
最初のお打合せでは、こんな住まいにしたい!ここに住みたいと思っている!など夢のある話もありますが、「資金」についての相談も必ずお受けします。
・自分たちの予算でイメージ通りの家が建てられるのか不安
・毎月の支払いはどれくらいになるんだろう?
・頭金をいくら用意すればいいのかわからない。
などなど、現実的な話も避けては通れないですよね。

そこで、まずは資金計画を一緒に考えていきます。
・ご家庭の収入や支出状況
・これからのライフプラン
・お子さんの教育や保険の状況
などをお伺いして、具体的にかけられる予算を割り出していきます。
この作業をすることで、実現可能な住まいの規模、内容、購入する土地のエリアなどを具体的にご提案することができます。
予算とのバランスを見ながらご夫婦の夢や希望に優先順位をつけ、プランに落とし込んでいくので、納得しながら住まいづくりを進められて安心です。

いつかは家を建てたいなと思っている方は、資金計画だけでも一度たててみると、具体的な検討が進めやすくなりますからオススメです。

 

============
建築工社
気持ちよく暮らせる和モダンな住まいを
広島市佐伯区八幡東4-6-1
月〜土 9:00〜17:00
日・祝 休み
TEL 082-928-8010
URL kentikukosya.co.jp

SNS
facebook
instagram

漆塗りの床材

寒い寒い年末の加工場での様子。
床材に漆を塗る作業が進められていました。


漆を塗ってくれているのは、漆作家の舛岡真伊さん。


漆が乾かないうちに、布で拭いて仕上げるそうです。

その様子を見守る、監督(笑)